診療のご案内

一般内科

かぜ、インフルエンザ、花粉症(アレルギー性鼻炎)、腹痛、嘔吐、下痢、便秘、生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症)など

循環器内科

高血圧、狭心症、心筋梗塞、不整脈、動悸、息切れ、胸苦しさ、 胸痛、胸部不快感 など

【循環器疾患とは】
心臓や動脈、静脈などの血管を循環器といいます。
循環器疾患とは、これらの臓器の状態が悪くなる疾患のことをいいます。

高血圧症 脂質異常症 糖尿病
※これらの病気の管理が大切です

心臓に関する病気
 狭心症、心筋梗塞
  冠動脈(心臓を栄養する血管)の動脈硬化を原因とする疾患。
  ⇒胸痛、息苦しいなどの症状がでます。
 不整脈
  心室性期外収縮、心房性期外収縮、心房細動などの不整脈疾患。
  ⇒動悸、脈がとぶなどの症状の原因となります。
 弁膜症
  心臓の中には4つの逆流防止弁があります。
  弁膜症はこの弁に異常をきたす病気の総称です。
  弁の形態が変化し、血流障害を来し心不全を合併します。
  ⇒息切れなどの症状をきたします。

下肢に関する病気
 下肢閉塞性動脈硬化症
  下肢の動脈硬化を原因とする疾患。
  歩行すると、ふくらはぎが痛くなるなどの症状が特徴的です。
  
 下肢深部静脈血栓症
  下肢の静脈に血栓が詰まる病気。下肢のむくみなどの症状がでます。
  血栓が剥がれて肺に移動すると息苦しいなどの症状がでます。   

生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症 など)
 循環器疾患の原因となり、合併するため多くの知識・経験をもちます。

循環器内科では、多彩な症状の鑑別、診断を行っています。
下記の症状がある方はお気軽にご相談下さい

血圧が高い 胸が息苦しい
胸が痛い 胸が圧迫されるような感じがする
背中が痛む 動悸
脈がとぶ 息切れ
歩くと足が痛くなる 下肢のむくみ
検診で心電図異常を指摘された コレステロールが高い

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まったり(無呼吸)、喉の空気の流れが弱くなった状態(低呼吸)が1時間に何回も起こる状態のことです。
一般的に1時間にこの状態(10秒以上の無呼吸もしくは低呼吸)が5回以上ある場合を睡眠時無呼吸症候群と定義します。この1時間あたりの回数を無呼吸低呼吸指数(AHI:Apnea Hypopnea Index)といい、重症度を決めるときに使用します。この病気は、日中の眠気、熟睡感のなさなどの他、高血圧症や心臓病や脳血管疾患を悪化させます。できるだけ早く診断し、治療を始める必要があります。

主な症状
 日中の眠気、いびき、睡眠時の無呼吸 など

その他症状
 トイレに起きる、起床時の頭痛、熟睡感がない、集中力の低下、夜間、
 苦しくて目を覚ます、寝相が悪い など

 

各種予防接種

インフルエンザ、各種ワクチン  など

各種健康診断

特定健康診査、区民健診、企業健診  など